おとなの可愛げキモノ帖

寒さと着こなし対策、着物のときのアウター事情

2016.09.28
writer:半澤リカ
防寒アイテム

秋の入りの雨続きのお天気でしたね。これからぐっと涼しくなってきて、気になるのは防寒アイテムのこと。今回は、寒くても着物を楽しみたい方におすすめの防寒アイテムについてお話します。

羽織

着物の上に着る防寒アイテムは主に3種類です。羽織、薄手コート、厚手の防寒コート。このうち、室内でも着て良いのは羽織のみで、さしずめカーディガンというところでしょうか。

羽織

写真のパールのネックレスように見えるのは羽織紐です。 羽織の素材や季節にあわせて羽織紐をアクセサリーのように変えるのもコーディネートの楽しみの一つです。羽織は、九月から十月上旬など昼は過ごしやすく、夜は肌寒いとき、かさばらず持ち運びに便利です。

薄手コート

道行

薄手コートは、体の正面が開いておらず、ボタンで留める仕立てになっています。襟の形が写真のようにボックス襟になっている道行(みちゆき)コートと、襟の形がV襟になっている道中着(どうちゅうぎ)というコートがあります。十月中旬くらいから春先まで、重ね着をして活用できます。

ストールや羽織を重ねて

ストールや下に羽織を重ねて着ることも可能です。お母さんの着物箪笥の中にはかならず一着あるのではないでしょうか。

厚手の防寒コート

厚手の防寒コート

日本で一番寒い時期、一月から二月上旬に持っておくといいのがベルベットやウールのコートやポンチョです。お洋服のポンチョタイプや、大きめサイズのドルマンスリーブのコートを活用できる場合もあります。

サイズについて

サイズは、着物がはみ出さない寸法が基本になります。サイズがよくわからない場合は、手持ちの着物のサイズを基準にするか、試着した際に腕のくるぶしが隠れるものを選びましょう。サイズがわかるお店の人に聞くのが一番です。

わたしのお店では、色とりどりの羽織やコートを、時期によっては3,000円程度からのお求めやすいお値段でお取り扱いしています。入荷は土曜の午後にあることが多いので狙い目です。是非遊びにいらしてくださいね。

たんす屋青山店:
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目7-5青山セブンハイツ1階
03-5774-1329
営業時間:11:00~20:00

半澤 リカ

writer:半澤 リカ

着物スタイリスト、たんす屋青山店ショップオーナー、伝統色彩士協会認定講師。青山学院大学在学中に着物のファッショナブルさに目覚める。その後、セレクトショップ勤務を経て、大手リサイクル着物会社に就職。あらゆる着物の仕入れ、販売、着付け、スタイリング、メンテナンスのアドバイスに10年携わる。『日常のおしゃれの中に自分らしい着物を!』がテーマ。趣味は、美味しいものを食べること。温泉。 

Instagram:rikahanzawa_kimono

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ